忍者ブログ

将棋棋士の食事とおやつ出張所

2017年度順位戦食事別勝敗統計(追加注文編)

2017年度順位戦食事別勝敗統計も3回目。

・2017年度順位戦食事別勝敗統計(出前店編)
・2017年度順位戦食事別勝敗統計(食事分類編)

3回でまとめる予定だったものの、追加注文の項だけで長くなってしまったので、個別メニュー編は分けて全4回にする事にした。

ここでの追加注文とは、出前メニューの大盛等の量の変更や、餅などの追加注文をまとめたもの。
なお、関東のみろく庵の「親子丼・ざるそばセット」などのセットや納豆巻などの注文は、2品注文したものとして今回のまとめには入れなかった。
・2018/7/26追記
チャーシュー追加の成績を入れ忘れたので、当該項目を途中に挟み込んだ。


まずは大盛・小盛のまとめから。

大盛注文 26勝27敗 0.491
東 24勝22敗 .522
西 2勝5敗 .286

シャリ多め 0勝2敗 0.000

ご飯少なめ 23勝9敗 0.719
東 18勝5敗 .783
西 5勝4敗 .556

ご飯半分 4勝2敗 0.667
東 2勝0敗 1.00
西 2勝2敗 .500


大盛注文はさほど影響はないが、少なめ注文は高勝率。
遠山六段が7勝1敗、髙崎六段が3勝0敗と、一部棋士が稼いだ分を抜かしても7棋士で13勝8敗.619と高めに出た。
腹八分目に留めておき、食物の消化にエネルギーを取られるのを避けた方が好結果が出るのであろうか。
紫金飯店の成績が悪いのは量が多いからではないか、という指摘もあって、もう少しサンプルを集めて考えてみたい所。


続いて餅などの追加注文を。
なお、関西のおにぎり注文については、○○セットでおにぎりがついてくるものに関しては集計した。

おにぎり 48勝40敗 0..540
東 6勝9敗 .400
西 41勝31敗 .569

餅 29勝12敗 0.714

チャーシュー 3勝7敗 0.300

炒飯 2勝5敗 0.286

餃子 3勝1敗 0.750

唐揚げ 3勝3敗 0.500

卵 3勝3敗 0.500


餅の高勝率が目立つ。
遠山六段5勝2敗・佐々木勇気六段6勝0敗・近藤誠也五段3勝1敗といった稼ぎ頭を抜かしても、16棋士で15勝9敗.625と高い数字。
餅を食べると将棋にも粘りが出るのか。これも継続して調べてみたい所。
前項と同じく、高勝率メニューの連採者に遠山六段が出てくるのが印象深い。
それも、遠山六段の成績を抜かしても高勝率なのである。

遠山六段は2017年度の順位戦では
昼食:「ふじもと」のうな重(梅) ご飯少なめ
夕食:「ほそ島や」の山かけそば(餅入り) 
が基本定跡で5勝1敗、類例(そばに餅を入れず2勝、昼に山かけうどんを頼み1勝、通常のうな重で1敗)と合わせて8勝2敗の成績で、昇級争いを演じた。
昼食はタンパク質を補給するがご飯少なめに押さえておき、夕食はさっぱりと蕎麦にするが夜戦に備えて餅を食べておく、というのが好成績に繋がったのだろうか。
栄養学的な見解を知りたい。


チャーシュー追加は全て冷やし中華のもので、昨年少し流行したもの。
その成績は以下。

丸山九段の意地の1勝があるが、1枚では軽く、3枚以上では少し重く、2枚が適正だという事が分かる。
なお、2017年度のチャーシュー追加注文に関しては、新聞棋戦も含め最新冷やし中華の話でまとめているのでそちらも確認してほしい。


最後に、ふじもとの汁物についてもまとめてみる。

ふじもとの汁物
赤だし 25勝27敗 0.481
みそ汁 8勝4敗 0.667
肝吸 5勝14敗 0.263

肝吸の不振が目立つ。
肝吸は1勝を除いてうな重につけたものである。うな重+肝吸にすると4勝14敗.222と更に負けが込む。
2009年度の肝吸は12勝11敗.521なのであるが、うな玉丼に付けたもので6勝3敗.667であり、うな重+肝吸になると6勝8敗.428と2009年度も負け越しである。
なお、うな重のランクに関係なく、ふじもとの2017年度のうな重注文をまとめると以下になる。

汁物 勝率
うな重 3 4 .428
うな重 ご飯少なめ 6 3 .667
うな重 肝吸 3 13 .187
うな重 ご飯少なめ 肝吸 0 1 .000
うな重 ご飯少なめ 肝吸 漬物抜き 1 0 1.00
うな重 赤だし 3 6 .333
うな重 ご飯少なめ 赤だし 1 0 1.00

うな重単体でも一つ負け越しだが、汁物を付けると格段に勝率が落ちている事が分かる。
一方、ご飯少なめにすると、遠山六段を抜かしても3勝2敗とサンプル数は少ないが勝率を落としていない。
うな重は、少し重いのだろうか。
ところで、ふじもとは3月末からうな重セットというメニューを提供している。
そして、2018/06/20のニコ生解説時の昼食において、渡辺棋王が「うな重セットはボリュームが少なめでうな重梅を頼んだ」とのコメントを残し、うな重セットはこれまでのメニューと比べると量が少ないことが分かっている。
2018年度の順位戦では、軽めのうな重セットは(うな肝重セットを含む)7/24現在5勝1敗と好調だ。
軽いうな重が出てきた事で、2018年度のうな重の成績には、変化が出てくるかもしれない。
要注目である。


最終回は、残った個別メニュー編を紹介する。
PR

コメント

1. 無題

非常に興味深い考察

「紫金飯店の成績が悪いのは量が多いからではないか、という指摘もあって」←とてもおもしろい

2. >>匿名さん

食べられる量は個人差がありますし一般化するのはなかなか難しいと思いますので、複数年結果を見て初めて判断できそうですね。

プロフィール

HN:
おがちゃん
性別:
男性
自己紹介:
将棋棋士の食事とおやつに関する話

P R